紅葉の季節、でも余所見は厳禁。

<今年もやってきました、このシーズン>
さてさて、紅葉の季節であります。
あちこちで見ごろを迎えますが、この時期
私が毎年楽しみにしているのが、長瀞町
ライトアップイベントです。
月の石もみじ公園という川沿いの公園にて
行われる紅葉のライトアップがありまして。
それほど派手さは無いのですが、静けさと
暗闇の中に浮かび上がるような紅葉の色は
幻想的な雰囲気があります。

少し前の写真ですが、こんな感じです。
s-SDIM0377.jpg


今年も見に行こうと思っているのですが、
紅葉の良い時期を見極めるのが難しい。

紅葉の色づき具合は長瀞町観光協会の公式
サイト
に情報が載ってます。
個人的には大体11月20日過ぎた辺りから
真・見頃ってところかなあと思います。

月の石もみじ公園へは秩父鉄道の上長瀞駅
からなら徒歩圏内。歩いて10分ほど。
クルマとかバイクなら公園に駐車場がある
ので、止めるところを探す必要は無しです。
ただ夜になるとかなり冷え込むので、防寒
対策はしっかりする必要があると思います。


s-CIMG0140.jpg

s-SDIM0375.jpg

s-SDIM0377.jpg

s-SDIM0372.jpg

s-SDIM0366.jpg


ただ、ですね。
少し気になる記事を見かけました。

<余所見は厳禁であります>
群馬県の地方新聞社、上毛(じょうもう)
新聞
のWEBサイトに掲載されていた記事、
気になるものがありました。

紅葉 よそ見で注意散漫に? 
バイク行楽中の事故 10~11月に集中


以下一部引用ですが、
群馬県内で過去5年間にバイクの絡んだ事故は10、11両月に集中していることが、県警のまとめで分かった。紅葉などの景色に気を取られた可能性があるという。県警は、秋の行楽シーズンでバイクのツーリングが増えることから、山間地域のパトロールや取り締まりを強化し、事故防止へ注意喚起も促している。


さらには、
今年(1~9月)は、バイクが絡んだ事故が474件発生。死者は7人に上り、8、9月にはツーリング中のライダーの死亡事故が相次いだ。より過失が重いか、けがの程度が軽い「第一当事者」を年齢別でみると、50代以上が全体の46.2%(66人)を占めており、中高年ライダーへの注意も促している。


引用ココまで。
私も余所見でヒヤッとした覚えがあります。
他人事と片付けられません。戒めないと。

まあ、それにですね。
バイクの性能=自分の性能では無いです。
あくまでも増幅してくれるだけ。
限界超えたところにあるのは破綻だけ。
高性能さに飲まれてしまわない自制心って
大事だと思うんですが、それを自覚できる
のって大抵やらかしたときなんですよね。

無事に帰ってくるまでがツーリングです。
油断しないように楽しみましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント