買ってよかったゴローのバイク靴

バイクに乗るときは履くもの、専用ブーツ
とかライディングシューズなど色々な物が
出ていますが、私の場合は主にツーリング
用途での使用になるので、行った先で散策
したり、軽く山を歩いたりします。なので
基本的に「歩ける」靴であって、足首まで
しっかりと保護してくれるもの、その上で
防水製もあればなお良しです。
そんなところでトレッキング用シューズを
使っていました。これはこれで特に大きな
不満は無かったのですが、ついにバイクに
乗るとき用のブーツを作ってもらいました。
ブーツというかシューズになるのかな。

s-CIMG1972.jpg


ゴローのブーツです。
登山靴メーカーのゴローについては、存在
自体は前から知っていましたが、アレコレ
と迷っていました。ようやく今年に入って
オーダーすることに。
作ってもらったのはバイク乗り用の製品で、
ワンタッチダックベルクロというものです。
ゴローのWEBサイトからの引用ですが、
【ワンタッチダックベルクロ】受注生産品

バイクでの使用をメインに考えた軽登山靴。
本格登山には靴ひもタイプをお勧めします。
バイクツーリングで旅先の低山に登ってみる、といった使い方が向いています。シフトペダルのための革パッチをお付けできます(要別料金)。
製法 ステッチダウン アッパー素材 ドイツ製表革 薄茶 濃茶 黒 ソール 1136 重量660g(25.5cm片足)
¥40700-(税込み)


というわけで、まずは東京にお上りさん。
いやあ千葉の田舎に住んでいると、東京の
人工密度に圧倒されます( ´∀` )
たどり着いたゴローの店内で、店員さんに
欲しい靴を伝えたあと、試し履きをしたり
足型を計測してもらいました。
その日は帰宅してあとは完成を待つばかり。
待つこと数週間、宅急便で家に届きました。
しばらくニヤニヤしながら眺めまわしたり、
意味もなく履いたり脱いだりを繰り返した
り等々、怪しいオッサン状態でしたが。

その後、2か月ほど履きこんだ結果ですが、
これは良い!
いやまあ、自分の足型に合わせて作られた
靴を履いたのは初めてでしたけど、これは
「実に! なじむぞ フハハハハハ」
といった感じですヾ(@^▽^@)ノ
s-CIMG1975.jpg

ソールも多種あるのですが、私はかかとに
衝撃吸収素材(赤色の所)付きのソールに
しました。
s-CIMG1973.jpg

軽登山靴ベースなので、とても歩きやすい
うえ、ベルクロ仕様なので着脱も簡単です。
まあ紐靴ほど細かい締め付けの調整は出来
ませんが、私の使用範囲ではまったく問題
ありません。
歩き回っても、足のどこかが痛くなる事も
無いですし。靴全体の剛性感といいますか
程よい硬さがあるためか、守られてる感も
なかなかです。当然シフトチェンジの時に
足が痛くなったりもしませんし、チェンジ
操作もやりやすいです。
スーパースポーツあたりだとキツイかな。
靴の大きさ的な意味で。
クルーザーやアドベンチャー、ネイキッド
などシフトペダル周りの空間に余裕がある
なら問題ないかと思います。多分。

s-CIMG1976.jpg

靴本体の革はしっかりしたものでしたけど、
オプションでシフトパダル用パッドを追加
してもらいました。

ちなみにこれが現在ゴローの靴と併用して
いるトレッキングシューズです。
s-CIMG1979.jpg

キャラバンのグランドキング。
シューズとしてみると少し重い靴ですけど、
登山靴として足を保護する性能はバイクで
使うときでも役に立ちます。防水性も高く
頼もしい靴です。山歩きが多くなりそうな
時は、こっちの出番になります。

ブーツの手入れについて動画で紹介されて
います。
YOUTUBEに有限会社ゴローの動画
上がっています。 
私の場合は他の革靴用メンテナンス用品を
流用しています。
s-CIMG1959.jpg

s-CIMG1967.jpg

s-CIMG1968.jpg

s-CIMG1965.jpg

埃を取り除くためのブラシ、汚れ落とし用
ローションと、靴墨、ふき取りなどに使う
キムタオルとかです。
革製品って、経年での変化も楽しめるのが
魅力の一つですね。
これからさらに私の足の形に合わせて変化
してくれると、もう手放さない逸品になる
でしょう。
何年ぐらい使えるのか楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント